soundspiritsマップへ
MAP
HOURS 11:00am - 8:30pm
CLOSED 毎週火曜日
第2・4月曜日
TEL 0178-79-4693

REPAIR

楽器修理・メンテナンス

弦楽器や打楽器、又電子楽器を最良なコンディションに調整して演奏してみて下さい。安価や高価に関わらず気持ちの良いサウンドが出るものです。その楽器が持つポテンシャルをリペアやモデファイを通して100%引き出し、お客様にその楽器をもっと好きになって欲しい。当店がリペア・モデファイを承っている理由です。面白いもので「 小屋でボロボロになっていて使い物ならない」経年のそんな楽器に限って実は凄いポテンシャルを持っていたりします。 どんな些細な修理でもお気軽にご相談下さい。

取扱い修理

  • エレキギター・エレキベース

    • ネック折れ・反り修正
    • ネックアングル加工
    • ボディー打痕の部分塗装
    • 全体再塗装(リフィニッシュ)
    • ナット加工・製作
    • フレット交換
    • フレット擦り合わせ
    • 電気パーツ交換
    • 電気パーツメンテナンス
  • アコースティックギター

    • ネック折れ・反り修正
    • ボディー打痕・割れ修正
    • ブレイス剥がれ修正
    • バインディング剥がれ再溶着
    • 部分塗装
    • 全体塗装(リフィニッシュ)
    • ブリッジ剥がれ修正
    • TOP材変形修正
    • ナット加工・製作
    • サドル加工・製作
    • フレット交換
    • フレット擦り合わせ
  • アンプ

    • 真空管交換
    • バイアス調整
    • スピーカー交換
    • 電気・電子部品交換

    電子楽器

    • 各メーカー対応で受け付けております。

    ドラム

    • ヘッドの張り替え
    • 各種症状に応じたパーツ交換でのメンテナンス
 

自分にとっての良い

弦楽器の定義とは

「弾き易い」「音が良い」「見た目が良い」当店では、この3つの定義に基づいてお客様と相談しながら修理内容を決めさせて頂きます。
弦の鳴りや弾き易さに影響のあるペグ、ナット、フレット、ネックの状態、ネックアングル、ブリッジサドル、弦止め部などメカニカル的な視点。アンプサウンドに影響あるピックアップ、セレクタースイッチ、ポテンショメーター、ジャック、配線材、アッセンブリーなどエレクトリック的な視点。ご予算に応じて両視点より出来る限りお客様の理想に近付けるリペアを心掛けています。パーツを一つ変えたりセッティングを少し変えるだけで楽器の鳴りが良くなったりするもので、それもギターの楽しみの一つです。

 

真空管アンプの魅力と

メンテナンスの重要性

TUBEアンプの魅力は ピッキングのニュアンスで音の表情を自在に変える事ができ、歪み方さえも強弱で絶妙にコントロールすることが出来るソフトクリッピングは未だトランジスタやデジタルアンプでは再現出来ない真空管ならではの魅力です。ベースアンプのハイエンドモデルでもTUBEとSOLID STATE サウンドをブレンド出来るモデルが人気を集めています。
真空管アンプの問題点はトランジスタやデジタルアンプと違い、故障や不具合が非常に分かりづらい点にあります。音量や歪みや音抜けが徐々に劣化、ノイズが徐々に増幅 など 音が出なくなるなど分かり易い症状が出るまで使い続けてしまう所にあると思います。
パワー管が寿命でバランスを崩すと各パーツに悪影響を及ぼし、故障を引き起こしてしまうケースもよくあります。真空管の寿命 5000時間〜10000時間を目安に使用頻度に応じて過負荷で酷使されるパワー管だけでも交換をお勧め致します。

LIVE HOUSE

ROXX
A7
FLAT
響堂